【PR】

25卒の大学4年で就活を何もしてない状態でも大丈夫!今から10月までに就活対策をご案内

大学4年で何もしてない状態でも大丈夫って本当?
山口

結論、就職活動は大学4年で何もしていない状態でも、これから始めれば大丈夫です。

山口
進め方を間違ってしまうと就活が長期化してしまうので注意が必要。

ココに注意

無計画で闇雲に始めると、うまくいかない沼にハマります。

では、25卒で大学4年で就活を何もしていない状態なら何から始めればいいのか。最短で内定を獲得するコツを経験談を交えて紹介します。

この記事では、

  • これから就活を始めても大丈夫だと言える根拠
  • なぜ進め方を間違うと振り出しに戻ってしまうのか。

これらを詳しく解説します。

自己紹介

複数社から内定を獲得し、第一志望の専門商社から内定をGET、現在は独立しITに関する会社を経営しています。

学生時代、就職活動のスタートダッシュが遅れたものの、挽回し第一志望の企業から内定を獲得。

就職活動の落とし穴や内定獲得のコツを忖度なしに語ります。

目次

大学4年で就活を何もしてない人は何から始めればいいかを紹介

大学4年で就活を何もしてない人でも、今から頑張れば大丈夫です。その理由を詳しく解説します。

大学4年生向け新卒の採用活動を継続している企業の方が多い

新卒の求人を扱うサイトで検索すれば分かりますが、大学4年生向け新卒の採用活動を継続している企業が山ほど見つかります。

ここで意識した方がいいのは、自分が知っている超大手企業以外の中小企業にも目を向けることです。

実際、超大手企業を狙っているライバルは多いですし、エントリーできたからといって受かる保証はありません。

自分のレベルに釣り合わない企業にエントリーすると不採用通知が届く件数が増えてしまいがちです。

そして、貴重な数か月を棒に振ってしまいゼロから再出発というケースも実は多いです。

山口
就職活動に遅いはない!今から丁寧に進めていくことが大事です。
安心しました!まずは、エントリーする会社のリストアップから始めてみます。
山口

穴場企業を探す際は、ネットで公開されている情報だけを鵜呑みにせずに、説明会に行ったりして企業の雰囲気を知ることが大事です。

エントリーする企業を最初から絞り込むのは良くない

就職活動を始めると、自分が興味のある業界と企業だけに絞ってエントリーしがちですが、これがよくありません。

理由は、優良企業を見落としてしまっている可能性があるからです。エントリー数を絞り込みすぎると優良企業と出会えるご縁を捨ててしまっているも同然です。

※私も就活を始めた頃、エントリー数が少なかったことが今も後悔していることの一つです。

山口
エントリー数を増やしただけで書類選考通過数も劇的に増えました。

5月以降に就職予定先から内定をもらった人は就活生全体の66.9%

6割以上の人が5月以降に就職先を決めています。

大学4年で就活を何もしてない状態でも余計な焦りは不要です。
山口

では、大学4年で就活を何もしてない状態から、これ以上行動を先延ばしにしてしまうと良い結果になりません。

山口
10月の内定式までに内定を獲得できなくて辛い
もう少し早くエントリーしておけばと思う機会が増えた
山口
山口
SPI試験の対策を早めにやっておくべきだった

こんな状況になるのは避けたいものです。

行動を先延ばしして、可能性をこれ以上狭めたくないです。
山口

25卒で大学4年で就活を何もしてない人が内定を獲得するための就活対策

ネットやSNS上では「25卒の大学4年なのに就活を何もしてない状態はヤバイ」こんなネガティブな書き込みも見つかりますが、気にする必要はありません。

ネガティブな時期はそういった情報を意識して見ないようにすることも大事です。

就活対策を一つずつ丁寧に進めれば志望企業から内定を獲得できます。

王道の就職活動は時間がかかります

大手新卒求人サイトに登録し、エントリー、書類選考を進める。これは、就職活動の王道です。これができれば、今頃困っていないはずです。

何もしてない人は、他力を借りることを最初から選択肢に入れることがオススメです。具体的には、就職エージェントの活用です。

就職エージェントを最初から使う

引用元:新卒紹介協議会ホームページ

毎年45万人ぐらいの就職活動生がいますが、そのうちの10万人

新卒の就職活動市場の内訳データを確認すると、2023年度の新卒採用支援サービスの売上は1,401億円7000万円と予測、市場規模の14.7%が新卒紹介です。

就職活動人口は40万人程度ですが、そのうちの22%である10万人、つまり就活生の4人に1人は新卒紹介サービスに登録しています。

そして、登録者の1割の人が新卒紹介サービス経由で内定を獲得しています。

山口
就職エージェントは学生側は費用負担0円で利用できる点が嬉しい
山口
就活エージェントは具体的に何をしてくれるのでしょうか?

自分に合った求人を代わりに探して提案してもらう

数ある企業から自分に合った求人を探すのは、とても時間がかかる作業です。手を止めたら何も進みません。そのため、最初から就職エージェントに登録すれば、自分に合った求人を紹介してくれます。

ここがポイント

  • 希望条件をしっかり伝える(給与・休日・業界・職種・勤務地など)
  • エージェントからの個別連絡を無視しない
  • ESの添削や面接対策を手伝ってもらう
  • 悩みは相談ごとを聞いてもらう
  • 相性が合わない場合は、担当者の変更をお願いする

企業の採用担当者との間に入ってもらう

就職エージェントは企業担当者と繋がっています。ここを活用できるかがポイントです。例えば、面接前と面接後に就職エージェント経由で情報収集することができます。

山口
今年は、どのような新卒を求めているか聞いてみてもらえますか?

私はこんな感じで就職エージェントの問い合わせをしていました。また、面接が終わってからは、就職エージェントから面接の御礼を伝えていただきました。

すると、企業担当者の心象もよく、現在の選考状況も教えてもらえることも多かったです。

自己分析/SPI筆記試験/ES/GD対策の資料が充実している

本屋さんに行けば自己分析/SPI筆記試験/ES/GD対策の資料を購入できます。でも、学生にとっては、全部買うと1万円以上しますし大きな出費です。

これらは買う必要はなく、用意してくれている就職エージェントを使えば対策を無料でできます。

山口
本屋さんに見に行く前でギリギリセーフです。

では、就職活動で活用できる就職エージェントを厳選して紹介します。

登録しておくべき就職エージェントTOP4

4位:キャリアチケット

会社名 レバレジーズ株式会社
設立 2005年4月6日
資本金 5000万円
代表取締役 岩槻 知秀

キャリアチケットの特徴は4STEPで選考が始まることです。

  1. 価値観診断
  2. プロフィール入力
  3. スカウト獲得
  4. 選考スタート

パソコン、またはアプリでご利用いただけます。

パソコン:キャリアチケットの公式サイトはこちら>>>

スマホ、タブレット:キャリアチケットのアプリのインストールはこちら>>>

3位:Matcher公式エージェント

会社名 Matcher株式会社
設立 2015年11月2日
資本金 1億6600万円(資本準備金含む)
代表取締役 西川 晃平

「OB訪問の新しいカタチ」就活相談にのるので、〇〇してくれませんか?

このサイトでは、スカウトはもちろん、所属する大学以外の先輩に就活相談をすることができることが特徴です。

Matcher公式エージェントの公式サイトはこちら>>>

2位:就活会議エージェント

会社名 就活会議株式会社
設立 2020年7月1日
資本金 2900万円
代表取締役 赤塩 勇太

このサイトは5STEPで就職活動をサポートしてくれます。

  1. 会員登録
  2. 対面/WEBで面談
  3. 企業の紹介
  4. 面接
  5. 内定
  • アドバイザー目線で自分に合う企業紹介してほしい
  • ESや面接の内容を予習して対策したい
  • WEBでは分からない企業の雰囲気や実態を知りたい

こんなことで悩んでいれば専属のアドバイザーが内定獲得までサポートしてくれます。

就活会議エージェントの公式サイトはこちら>>>

1位:キャリアパーク就職エージェント

会社名 ポート株式会社
設立 2011年4月
資本金 934百万円
代表取締役 春日 博文

キャリアパーク就職エージェントは年間1000名以上に面談を行うアドバイザーが選考対策を強力にバックアップしてくれます。

  • 就活のプロが全面サポート
  • 全国各地から優良企業を厳選
  • 最短1週間のスピード内定
  • 上場企業の運営で安心

このサイトは5STEPで就職活動をサポートしてくれます。

  1. 会員登録
  2. 対面/WEBで面談
  3. 企業の紹介
  4. 面接
  5. 内定

自己PR作成ツール、ガクチカ作成ツール、志望動機作成ツール、適職診断、ES100選、WEBテスト問題集など就活対策に必要な一式が無料で手に入ります。

キャリアパーク就職エージェントの公式サイトはこちら>>>

25卒の大学4年生で何もしてない状態の人向けの3か月で終わらせる就活スケジュール

25卒の大学4年生で何もしてない状態の人がこれから最短で内定を獲得するためのスケジュールです。

1か月目:就職エージェント、リクナビ、マイナビに登録、エントリーも開始

就職活動で必要となる情報サイトへの登録を最初に済ませておきます。

情報収集や就職活動の準備をメインに作業していく。

山口
まとめて登録しておくと、あとあと楽になります。

2か月目:面接開始、エントリーは継続

就職エージェントに紹介された求人で面接を行っていく。

面接を通して業界研究や自分の強み・弱みを把握することがポイントです。

山口
興味のある企業にエントリーを継続することが大事

3か月目:内々定

最終面接に進む企業も増えます。内定を獲得できた場合でも、内定辞退をしなくてはいけない時期でもあります。

就活は内定を獲得することがゴールではありません。納得のいくかたちで就職活動を終わらせることがゴールです。

山口
就職先は妥協しないことが重要

5月から始めれば10月の内定式に間に合う

25卒の内定式は2024年10月に開催される見込みです。10月までに就活を終わらせるためには、今から準備を始めることが大事です。

大学4年で就活を何もしてない人でも、この記事に書いている通りに実行すれば十分間に合います。

25卒だけど就活を何もしてない人からよくいただく質問と回答

就活 内定いつまでにないとやばい?

就活の内定時期に明確な期限はありませんが、一般的に大学4年生の6月末までに内定を獲得することが理想的とされています。しかし、企業によっては7月以降も採用活動を継続しているところもあるため、焦らずに自分のペースで就職活動を進めることが大切です。内定獲得が遅れたとしても、今から諦めずに努力を続ければ、必ず自分に合った企業と出会えるはずです。

25卒の内定率は現在どのくらいですか?

2023年3月時点での25卒の内定率は、約60%程度と報告されています。この数字は例年と比較すると若干低い傾向にありますが、新型コロナウイルスの影響により就職活動のスケジュールが例年と異なっていることが要因の一つと考えられます。今後、就職活動が本格化するにつれて内定率は徐々に上昇していくと予想されます。

25卒の就活解禁はいつですか?

25卒の就職活動解禁日は、2024年3月1日に設定されています。この日以降、企業は正式に採用広報活動を開始することができます。ただし、近年では多くの企業がインターンシップを通じて早期に学生と接点を持つようになっているため、解禁日以前から就職活動の準備を始めることをおすすめします。

大学4年4月に就活を何もしていない人は全体の何%ですか?

大学4年生の4月時点で就職活動を何もしていない学生の割合は、約20%程度と言われています。この数字は年々減少傾向にありますが、就職活動に対する意識の個人差や、進路に迷いを感じている学生の存在を示しています。就職活動を始めるタイミングは人それぞれですが、早めに今から準備を始めることで、自分に合ったペースで内定獲得を目指すことができるでしょう。

就職エージェントの活用以外の選択肢も確認する

逆求人サイトに登録しオファーを待とう

25卒の大学4年なのに就活を何もしてない人は、逆求人サイトに登録することをおすすめします。

山口
逆求人サイトとは、プロフィールを登録すればエントリー不要で企業からオファーが届く就活支援サイトです。

学生にオファーを送るということは、採用意欲が高いことは間違いありません。

オファーが知らない業界や企業を知るキッカケにもなります。

動画型サイトに登録しよう

25卒の大学4年なのに就活を何もしてない状態なら、企業の会社説明動画を視聴することから始めてみてはいかがでしょうか。

動画型サイトは、会社説明動画だけではなく自分の自己PR動画を掲載することで、その動画を確認した採用担当者からオファーが届く場合があります。

ESなし、特別選考枠で進められることがあるのも特徴です。

山口
動画ならYoutubeを観るような感覚で色々な企業を手っ取り早く知れる点がいいですね。

就活イベントに参加しよう

就活イベントには、一つの会場に色々なジャンルの企業が集まります。

1日で業界研究が進むだけではなく、その会社のリアルな雰囲気を知ることができます。また、企業が新卒採用目的で就活イベントに出展するのは採用意欲が高い証拠です。

採用担当者と直接話をして、相性が合えば選考に進める権利を貰えることもあります。

山口
イベントに参加する前に企業研究を行い、質問内容を準備しておくことが重要です。

25卒で大学4年で就活を何もしてないからといって恥ずかしがらなくて問題ありません。企業にとってはブースに足を運んでくれるだけでも嬉しいものです。

オンラインの就活イベントに参加するのもアリ

合同選考イベントは、複数の企業が一堂に会し、学生の選考を行うイベントです。一度に多くの通年採用を募集している企業の選考を受けられるため、効率的に就職活動を進めることができます。大手企業も、25卒で大学4年で就活を何もしてない人の中から優秀な学生を発掘するために合同選考イベントに参加しているケースが多いのです。

合同選考イベントでは、短時間で自分をアピールする必要があります。エントリーシートや面接での受け答えを事前に準備し、簡潔かつ明確に自分の強みを伝えることが求められます。また、他の学生との差別化を図るために、独自の経験やスキルをアピールすることも効果的でしょう。

登録しておくと就活を進めやすくなるサイト一覧を再確認する>>>

目次へ戻る>>>

自己紹介

複数社から内定を獲得し、第一志望の専門商社から内定をGET、現在は独立しITに関する会社を経営しています。

学生時代、就職活動のスタートダッシュが遅れたものの、挽回し第一志望の企業から内定を獲得。

就職活動の落とし穴や内定獲得のコツを忖度なしに語ります。

おすすめ
今からでも、まだ間に合う新卒採用2025!2024年5月にエントリーできる大手・中小・ベンチャー優良ホワイト企業の探し方

続きを見る

Copyright© 「就活スイッチ」就活情報NAVI , 2024 All Rights Reserved.