【PR】

今からでも間に合う新卒採用2025!2024年5月にまだエントリーできる大手企業一覧と探し方を紹介

今からでも間に合う新卒採用2025!2024年5月にまだエントリーできる大手企業一覧

山口
効率よく就活を進めたい!

就職活動をスピード感をもって進めたい場合、就活エージェントを利用するのがおすすめです。

自分に合った求人を紹介してもらい就職活動を終わらせるのが一番賢いやり方です。

 

エントリーできる企業を調べて準備を進めても、結局どういう風に就活を進めればいいか分からず空回りしがちです。

就活を始めた頃は知名度のある大手企業ばかりエントリーして不採用通知の連続には凹みます。

 

でも、自分が必要とされる、活躍できる企業という視点でエントリーする企業を調べようと思った時、分からないことだらけです。

  • インターネットに掲載されている情報だけでは分からない事が多いです。
  • 求める人物象とは
  • どのような会社なのか
  • どういう先輩が活躍しているのか
  • 社内の雰囲気はどうか

など

これらの情報をドンズバで届けてくれるのが就活エージェントです。

こちらの記事では、2025卒の新卒採用がまだ間に合うか心配と思っている型に就活エージェントという選択肢を提案します。

キャリアチケット、JobSpring Scout、ワクナビを比較した内容をまとめています。

就活エージェントを利用するなら、どういう視点で選べばいいかを紹介します。

自己紹介

複数社から内定を獲得し、第一志望の専門商社から内定をGET、現在は独立しITに関する会社を経営しています。

学生時代、就職活動のスタートダッシュが遅れたものの、挽回し第一志望の企業から内定を獲得。

就職活動の落とし穴や内定獲得のコツを忖度なしに語ります。

目次

最短で内定の獲得を狙うならキャリアチケットをオススメする理由

最短で内定を獲得したいなら、キャリアチケットがオススメです。

 

利用できる就活エージェントを一通り使ってきた経験から就活エージェントはどこがいいかと聞かれたらキャリアチケットだと答えます。

ヒアリングしてもらうだけで自分に合った企業が紹介されるからです。

 

最短で6月に内定を獲得することも狙えます。

 

キャリアチケットの公式サイト>>>

 

時期によっては満席でカウンセリング予約できない時もあります。

予約フォームは日付が変わる0時に更新されます。予約できない場合は0時に予約すると覚えておきましょう。

JobSpring Agentとワクナビで比較してみました。

サイト名 キャリアチケット JobSpring Agent ワクナビ
紹介企業数 カウンセリングを通して厳選の5社が紹介される カウンセリングに基づいて紹介 カウンセリングに基づいて紹介
コンセプト さよなら、やみくも就活。 新卒からの 『キャリア・スキル』 を考えた就活サポートを 二人三脚で徹底サポート、あなたの就活を前進させる
WEB面談 あり あり あり
費用 無料 無料 無料
評価
サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

どの就職エージェントも面談を通して企業が紹介されるのですが、量より質をうたっているのがキャリアチケットです。

まずは、自分がどういった企業が紹介されるかを知るだけでも就活に役立ちます。

キャリアチケットの強みとは。

キャリアチケットは、「さよなら、やみくも就活」というコンセプトで運営されているサービスです。

間に合うか不安な人にとって必要な考え方だと私は考えています。

「何十社にエントリーすることは間違い」これを明確にアピールしているのがキャリアチケットです。

また、有名企業よりも「あなたが活躍できる企業」この観点で企業選びが大事だと書かれています。

カウンセリング初日から企業を紹介してもらうこともできます。

就活対策としてしてもらえること

ES・履歴書の添削だけではく志望企業に合わせた模擬面接の練習もしてくれます。

選考先に合わせたアピールポイントの整理や、その企業特有の質問と回答を一緒に考えてくれるだけでなく

話し方までアドバイスしてくれます。

採用プロセスと選考方法を熟知したアドバイザーにサポートしてもらえるのは心強いです。

 

2024年の新卒採用は、5月の今からでも十分まだ間に合う理由

東京商工会議所のデータによれば、企業の採用・選考活動は12月以降と未定・分からないを含めると64.5%もの企業が採用活動を続けているというデータがあります。

つまり、春採用だけでなく通年を通して採用活動をしている企業が多いということになります。

また、2024年新卒者の採用計画人数に対する調査によると、採用計画の人数の定員が埋まった企業は14.5%です。

そして、41.5%もの企業は採用計画人数に対して49%未満しか採用できていないという結果となっています。

つまり、採用活動を通年していても採用計画人数を定員に達することが難しいことが分かります。

さらに、2025年卒は2024年卒よりも採用計画人数を同基準もしくは、増やすと考えている企業が90%を超えています。

つまり、

  • 通年採用をしている
  • 採用計画人数の定員に達していない
  • 25卒は採用計画人数を増やす

この3点から25卒の就職活動は間に合うことがデータからも証明できます。

引用元:2024年新卒者の採用・選考活動動向に関する調査について

山口
5月以降に内定を獲得する人が意外と多いことが分かって一安心。

オファーボックスでオファーを待つ

就職エージェント「キャリアチケット」を利用すれば厳選した5社を紹介してくれます。

その中で興味のある企業があれば、エントリーをしましょう。そして、選考を進めながら登録しておくといいのがオファーボックスです。

オファーボックスは、逆求人サイトと呼ばれるものです。プロフィール情報を登録しておけば企業からオファーが届きます。

オファーボックス最大の強みは企業が学生に一斉送信でオファーを送れないことです。

1人1人のプロフィールを確認して送る作業がありますので企業側もしっかりプロフィールを確認してオファーを学生に送ります。

知らない企業にも出会えますので登録しておきたいサービスです。

オファーボックスはこちら>>>

オファーボックスの悪い口コミ

オファーボックスに登録している就活生の中には、興味のない企業から説明会への申し込み依頼が殺到して困っているという声があります。オファーボックスでは、学生のプロフィールに基づいて企業からオファーが届くため、自分の志向と合わない企業からのアプローチを受けることがあるようです。

これは、学生にとって時間の無駄になりかねません。説明会に参加するためには、事前準備や移動時間なども必要です。興味のない企業の説明会に参加することで、本当に行きたい企業の説明会に参加する時間が取れなくなってしまう可能性もあります。興味のないオファーは辞退すれば問題ありません。

興味のない企業からのオファーが増える時がある

オファーボックスでは、学生のプロフィールに基づいて企業からオファーが届くため、自分の志向と合わない企業からのオファーが増える時があるようです。特に、就職活動のピーク時期には、多くの企業がオファーを送ってくるため、興味のない企業からのオファーも増加する傾向にあります。

これは、学生にとって就職活動の選択肢が増えるというメリットがある一方で、オファーの内容を吟味する時間が取られてしまうというデメリットもあります。自分の志向と合わないオファーに振り回されないよう、しっかりと自分の基準を持つことが大切です。

志望意欲のない業界の会社からオファーがくることがある

オファーボックスでは、学生の専攻や経験に基づいて企業からオファーが届くため、必ずしも学生の志望と一致するとは限りません。例えば、IT業界を志望している学生に、金融業界の企業からオファーが来ることがあります。

これは、学生にとって戸惑いを感じる状況かもしれません。しかし、自分の専攻や経験を活かせる業界は、必ずしも志望業界だけではありません。幅広い視野を持ち、様々な可能性を探ってみることも重要です。ただし、志望意欲のない業界の企業からのオファーに振り回されすぎないよう、自分の軸はしっかりと持っておく必要があります。

オファーの取り消しがあった

オファーボックスでは、企業側の事情でオファーが取り消されるケースもあるようです。例えば、企業の採用計画が変更になったり、担当者が変更になったりすることで、オファーが取り消されることがあります。
これは、学生にとって就職活動の計画が狂ってしまう可能性があり、注意が必要です。オファーが届いたからといって、必ずしも内定に繋がるとは限りません。

オファーを受けた後も、他の企業の選考を並行して進めておくことが賢明でしょう。また、オファーの取り消しがあった場合は、企業側の事情を冷静に受け止め、次の就職活動に活かしていくことが大切です。

オファーボックスの評判はやばいのか。良い口コミをピックアップ

オファーボックスには、多くの就活生から高い評価を得ている点もあります。ここでは、オファーボックスに対する良い口コミをピックアップし、その魅力を探ります。
まず、オファーボックスを利用することで、第一志望の企業から内々定を獲得できたという声があります。オファーボックスでは、学生のプロフィールに基づいて企業からオファーが届くため、自分の強みを活かせる企業と出会えるチャンスが増えます。

また、オファーが届くだけでもテンションが上がるという声も多いです。就職活動では、なかなか企業からの反応がない時期もあります。そんな中で、オファーが届くことで、自分の頑張りが認められた気持ちになれるようです。

さらに、オファーボックスでは、大手企業だけでなく、中小企業やベンチャー企業からもオファーが届くため、自分が知らなかった企業と出会えるというメリットもあります。これは、就職活動の選択肢を広げることに繋がります。

加えて、オファーボックスを利用することで、自己分析や業界研究が進むという声もあります。企業からのオファーを通じて、自分の強みや適性を再確認できるほか、様々な業界の情報を得ることができるようです。
以上のように、オファーボックスには多くの魅力があることが分かります。上手にオファーボックスを活用することで、就職活動をより有意義なものにできるでしょう。

第一志望の企業の内々定を獲得できた、内定率が良い

オファーボックスを利用することで、第一志望の企業から内々定を獲得できたという声があります。オファーボックスでは、学生のプロフィールに基づいて企業からオファーが届くため、自分の強みを活かせる企業と出会えるチャンスが増えます。

実際に、オファーボックスを利用した学生の内定率は高いと言われています。自分の志向に合った企業からのアプローチを受けられるため、効率的に就職活動を進められるのです。第一志望の企業から内々定を獲得できれば、就職活動の大きな目標を達成できたと言えるでしょう。

オファーが届くだけでもテンションが上がる


就職活動では、なかなか企業からの反応がない時期もあります。そんな中で、オファーボックスを通じてオファーが届くと、自分の頑張りが認められた気持ちになれるようです。
オファーが届くということは、企業側が学生のプロフィールに興味を持ってくれたということです。

自分の強みや経験が評価されたと感じられるため、就職活動のモチベーションが上がるのです。オファーが届くだけでテンションが上がるという声は、多くの就活生から聞かれます。

大手だけでなく中小、ベンチャー企業からオファーが届く

オファーボックスでは、大手企業だけでなく、中小企業やベンチャー企業からもオファーが届きます。これは、就職活動の選択肢を広げることに繋がります。
大手企業は知名度が高く、安定性もあるため、多くの学生が志望します。しかし、自分の強みを活かせる企業は、必ずしも大手企業だけではありません。

中小企業やベンチャー企業では、早い段階から重要な仕事を任せてもらえたり、自分のアイデアを実現できたりする可能性があります。
オファーボックスを利用することで、様々な規模の企業と出会えるため、自分に合ったキャリアを描きやすくなるでしょう。

登録してすぐに志望業界の会社から複数のオファーが届いた

オファーボックスに登録してすぐに、志望業界の企業から複数のオファーが届いたという声もあります。これは、オファーボックスの企業マッチング精度の高さを示しています。
学生がプロフィールを登録する際、志望業界や職種、強みなどを詳細に入力します。これにより、企業側は自社の求める人材像に合う学生を効率的に見つけることができるのです。

志望業界の企業からオファーが届くということは、自分のプロフィールが企業の求める人材像に合致していると言えるでしょう。
複数の企業からオファーが届けば、選択肢が広がるため、自分に最も合った企業を見つけやすくなります。

自分が知らなかった企業と出会えた


オファーボックスを利用することで、自分が知らなかった企業と出会えたという声も多いです。就職活動では、大手企業や有名企業に目が行きがちですが、実は自分に合った企業は、知名度が高くない企業かもしれません。
オファーボックスでは、様々な業界・規模の企業からオファーが届くため、自分が知らなかった企業と出会えるチャンスがあります。

例えば、自分の専攻分野を活かせるニッチな企業や、独自の企業文化を持つ企業など、様々な企業と出会えるでしょう。
自分が知らなかった企業と出会えることで、就職活動の視野が広がり、新たな可能性を発見できるかもしれません。

自己分析と業界研究が進む

大手企業一覧

これからエントリーできる企業の探し方は企業の採用ページにアクセスし、エントリーできるか確認することが確実です。

  1. 企業のホームページの採用ページにアクセス
  2. エントリーに関する情報を確認
  3. 情報がなければ問い合わせ

私が調べた情報は下記です。

 

企業名 採用ページ エントリー可否
味の素 採用ページ マイナビ経由で可
カゴメ 採用ページ 停止中
関西テレビ 採用ページ 募集終了
共同通信社 採用ページ マイナビ経由で可
キヤノン 採用ページ 新卒採用FAQからエントリー可
キーエンス 採用ページ リクナビかキャリタス就活からエントリー可
コナミ 採用ページ 採用ページからエントリー可
サイバーエージェント 採用ページ マイナビからエントリー可
サントリー 採用ページ リクナビでプレエントリー可
商船三井 採用ページ マイナビからエントリー可
住友商事 採用ページ マイナビからエントリー可
住友生命 採用ページ マイナビからエントリー可
TBS 採用ページ リクナビでプレエントリー可
ソニー 採用ページ マイナビからエントリー可
双日 採用ページ マイナビからエントリー可
ソフトバンク 採用ページ リクナビで募集停止中
豊田通商 採用ページ マイナビからエントリー可
長瀬産業 採用ページ マイナビからエントリー可
日本銀行 採用ページ マイナビからエントリー可
日本テレビ 採用ページ アナウンス部門のみ募集中
日本郵船 採用ページ 募集終了
日本政策投資銀行 採用ページ リクナビでプレエントリー可
任天堂 採用ページ 公式採用ページからエントリー可
ニトリ 採用ページ マイナビからエントリー可
日清食品 採用ページ リクナビでプレエントリー可
野村不動産 採用ページ マイナビからエントリー可
博報堂 採用ページ マイナビで募集停止中
博報堂プロダクツ 採用ページ マイナビからエントリー可
日立製作所 採用ページ リクナビで募集停止中
フジテレビ 採用ページ リクナビで募集停止中
富士通 採用ページ リクナビでプレエントリー可
丸紅 採用ページ マイナビからエントリー可
毎日新聞 採用ページ マイナビからエントリー可
三菱商事 採用ページ マイナビからエントリー可
三菱地所 採用ページ マイナビからエントリー可
三菱電機 採用ページ マイナビからエントリー可
三井物産 採用ページ マイナビからエントリー可
三井住友海上 採用ページ マイナビからエントリー可
三井住友銀行 採用ページ マイナビからエントリー可
三井不動産 採用ページ マイナビからエントリー可
ミズノ 採用ページ マイナビからエントリー可
みずほ銀行 採用ページ マイナビからエントリー可
森ビル 採用ページ マイナビからエントリー可
横浜銀行 採用ページ マイナビからエントリー可
読売広告社 採用ページ マイナビ募集停止中
楽天 採用ページ マイナビ募集停止中
リクルート 採用ページ リクナビでプレエントリー可
NTTデータ 採用ページ マイナビ募集停止中
JAL 採用ページ リクナビ募集停止中
全農 採用ページ マイナビ募集停止中
電通 採用ページ マイナビ募集停止中
バンダイナムコ 採用ページ 募集終了 2月7日(水)~3月3日(日)23:59まで
パナソニック 採用ページ リクナビからエントリー可
jbic 株式会社国際協力銀行 採用ページ マイナビからエントリー可
jr東日本 採用ページ マイナビからエントリー可
jr東海 採用ページ リクナビかキャリタス就活からエントリー可
jr西日本 採用ページ マイナビからエントリー可

 

25卒の新卒採用にまだ間に合うか心配な方から、よくいただく質問と回答

2025年卒の採用は厳しいですか?

2025年卒の採用環境は、コロナが明けたこともあり求人数は多くなっています。そのため、採用が厳しいということはありません。

2025年新卒はいつまでですか?

一般的に、2025年新卒の採用活動は、2024年3月1日に解禁されます。多くの企業では、この日以降に本格的な採用活動を開始します。ただし、企業によっては、早期に選考を始めるケースもあります。また、通年採用を行っている企業もあるため、年度途中でもチャンスがあるでしょう。自分のペースで着実に就職活動を進めることが大切です。

大学4年4月に就活を何もしていない人は全体の何%ですか?

大学4年4月時点で就職活動を何もしていない学生の割合は、年によって異なります。2021年卒の調査では、4月時点で就職活動を開始していない学生は全体の約20%という結果が出ています。ただし、この数字はあくまで目安であり、個人差が大きいことを理解しておく必要があります。就職活動のスタートが遅れたからといって、焦る必要はありません。自分のペースで着実に活動を進めていくことが重要です。

就活解禁 25卒 いつ?

2025年卒の就職活動の解禁日は、2024年3月1日です。この日以降、多くの企業が本格的な採用活動を開始します。ただし、一部の企業では、早期に選考を始めるケースもあります。また、インターンシップなどを通じて、早い段階から企業との接点を持つことも可能です。自分なりの就職活動のスケジュールを立て、計画的に準備を進めていくことが大切です。

登録しておくと就活を進めやすくなるサイト一覧を再確認する>>>

自己紹介

複数社から内定を獲得し、第一志望の専門商社から内定をGET、現在は独立しITに関する会社を経営しています。

学生時代、就職活動のスタートダッシュが遅れたものの、挽回し第一志望の企業から内定を獲得。

就職活動の落とし穴や内定獲得のコツを忖度なしに語ります。

おすすめ
【2024/2025年度の二次募集】大手企業一覧まとめ、25卒の就活生向け企業の探し方をご案内

続きを見る

おすすめ
マイナビ2025にログインできない時の対処法!登録方法と活用の仕方を詳しく解説!

続きを見る

山口
最終面接落ちた・・・また、1から就活か。
就活生なのに登録してないの?
山口

お祈りメールを送れば、書類選考、ESをカットして選考に進める就活のスタイル、知っていますか?

夏採用に向けたエントリーを行っていくのと並行して、スカウトさービスに登録すればお守り代わりに使えます。

公務員試験落ち、部活引退、留学、春採用で納得いかなかったなど様々な理由で、これから始める就活頑張りましょう。

\5分で登録完了!採用実績のある企業を確認する↓↓↓/

ABABA|不採用通知がスカウトに変わる新卒向けサービスはこちら>>>

おすすめ
【2024/2025年度の二次募集】大手企業一覧まとめ、25卒の就活生向け企業の探し方をご案内

続きを見る

Copyright© 「就活スイッチ」就活情報NAVI , 2024 All Rights Reserved.